頑張れ受験生!

IMG_2231

2月、受験生たちが頑張る季節。
まずは2月1日の中学受験。この日は何だかそわそわした気持ちになるし、あのポスターに胸がきゅーんとします。
頑張っている小さな背中と応援する家族。ほんとに、インフルエンザとか胃腸炎とか、そういうことにものすごく神経質になってしまうの良くわかります。
節分の日、末娘の保育園の入り口にあったイワシ。なかなか衝撃的でした。
東池袋の「デイリー」の恵方巻きは今年も大変おいしかったです。ちなみにリニューアルオープンしていて、「ニューデイリーヤマザキ」になっていましたが、手作り弁当は今まで通りで安心しました。
こんな2月初めのドキドキに、今年から新たなドキドキが加わることになりました。
2月24日、都立高校受験日。
長男の保育園時代からの親友は都立高校第一志望。
今は小さくない背中だけど、頑張ってる背中に、赤ちゃんの時の君を思い出して涙が出てきちゃうんだよ。
4人育ててますが、第一子長男の子育ては、今思うと「はあ?」というような小さなことにこだわったり、なんだかとにかく必死で、そういうときを一緒に過ごした息子の友達とママ友のことは他人事には思えず、まずは風邪ひかずに試験で無事に実力を出し切ってくるまでは安心して眠れない感じ。

周りが見えなかった第一子の子育てですが、子どもカレーを作るとき、とにかく身体に良いものを!と思って、キノコ、インゲン、ときにピーマンなどなど。こまかく刻んだ野菜をたっぷりいれてました。最近になって息子の友達に「あれ、まずかったよ」と告白されました。「あー、あのカレーの犠牲者?」と息子。
子どもには母親の必死さ伝わってたんですね~。当時、無理して食べてたんだ~。知らなかったよ、母さん。

そうそう、息子の親友たちは保育園で出会った仲間たちです。
保育園や幼稚園の入園前健診の子どもたちがクリニックに来てくれています。
楽しい未来がまってるぞ!と大げさじゃなくて、応援したい気持ちで診察しています。
ちなみに息子たちの通った若草保育園のカレーは手作りのルーを使っていて、子どもたちに大人気。「保育園のカレーは美味しかった」と今でも言ってます。

予約システム

予防接種のご案内

乳幼児健診のご案内

お母さんとご家族の方へ

院長の大塚子育て奮闘記

メディカリスト

pagetop